バルミューダの電気ケトルを購入したのでレビューします。

バルミューダの電気ケトルを購入したのでレビューします。

こんにちは!tatsukiです。

皆さんは電気ケトルを普段使われていますか?

僕はカップラーメンや、インスタントのスープを作る際に使っています。

水を入れてスイッチを押すだけであっという間にお湯が沸くので非常に便利です。


そして僕は最近、バルミューダの電気ケトルを購入しました。

このバルミューダの電気ケトルがあまりにもスタイリッシュな電気ケトルだったのでレビューしていこうと思います。

バルミューダ 電気ケトル BALMUDA The Pot K02A-BK(ブラック)


バルミューダとは?

バルミューダは、2003年に東京で設立されたクリエイティブとテクノロジーの会社です。自由な心で夢見た未来を、技術の力で実現して人々の役に立つ。これが私たちのミッション。新しい考え方で、これまでになかった価値を持つ家電を作っています。

https://www.balmuda.com/jp/about/

バルミューダとは、2003年東京で設立された家電メーカーです。

炊飯器やトースター、扇風機、デスクライトなど様々な家電販売をされています。

どの家電もシンプルかつスタイリッシュなデザインが目を惹きます!

そんなバルミューダ製品の中で僕が購入したのが、電気ケトルです。

良いところ

僕が感じたバルミューダの電気ケトルの良い所を挙げていきます。

1.シンプルなデザインでとてもカッコいい!

かっこ良すぎていい意味で、あまり電気ケトルに見えません。

黒色に統一されていてとってもかっこいいです。

2.スイッチがとても軽い

使い方は他の電気ケトルと同じで、この専用の台座の上に置いて、下部つまみスイッチをONにするだけです。

そしてこのスイッチがとても軽い。

押した感じがすごく軽く、カチッと小気味の良い音が鳴ります。

毎回押すのが楽しみになるほど。

軽〜いスイッチを押すと、取っ手部分がオレンジ色に光ります。


再びカチッと音が鳴れば、お湯が沸いた合図です。

3.沸くスピードが速い

使ってみて思うのは、沸くスピードが結構早い事です。

内容量が少ないのも関係しているかもしれません。

4.細い注ぎ口により、注ぎやすい

注ぎ口が細いため容器に注ぎやすくなっています。

注ぎ口の付け根がケトルの下の方に付いているので、軽く傾けるだけでお湯が注げます。

一気にドバッと出ることはないので、溢れることはありません。

良くないところ

カッコいいし利便性も高いのですが、僕が感じた良くないところを書いていきます。

1.少しお高め

価格は1万円ちょっとほど。電気ケトルにしてはちょっと高いかなと思います。

2.内容量が少ない

内容量は600mlと少なめです。

二人分のお湯が必要な際や、お湯を多めに使う場合はちょっと物足りない感があります。

まとめ

まとめると、

良い所
・シンプルなデザインでカッコいい
・スイッチがとても軽い
・沸くスピードが速い
・細い注ぎ口により注ぎやすい

良くない所
・価格が少しお高め
・内容量が少なめ

となりました。

少し価格が高めだったり、容量が少なめではありますが、バルミューダの電気ケトルはとてもオススメの商品だと思います。

デザインがカッコいいのもさることながら、利便性もなかなかのものですよ。

何より持っていることの満足感を味わえる数少ない商品です。

バルミューダ 電気ケトル BALMUDA The Pot K02A-BK(ブラック)

未分類カテゴリの最新記事