【京都・東映太秦映画村】は家族で1日楽しめる観光スポットである理由3つ!!

【京都・東映太秦映画村】は家族で1日楽しめる観光スポットである理由3つ!!

こんにちは。tatsukiです。


あなたは京都にある東映太秦映画村を知っていますか?


京都・東映太秦映画村は江戸の建物が立ち並ぶ、テーマパークのような施設です。

ここ京都・東映太秦映画村に僕は初めて観光に行ってきました。


今回はその際に感じた

”京都・東映太秦映画村は家族で1日中楽しめるスポットである理由を3つ”

ご紹介していこうと思います。


京都・東映太秦映画村

京都・東映太秦映画村日本映画や江戸時代の街並みを細かく再現したテーマパークとなっています。

村内に一歩足を踏み入れると、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような町並みが広がっています。

https://iko-yo.net/facilities/259

江戸や明治時代など昔の町並みを再現したオープンセットは、フォトスポットとしても最適!テレビや映画の撮影を行っているので、撮影風景や舞台裏を見学することができます。

https://iko-yo.net/facilities/259

場所・アクセス

場所は

京都府京都市右京区太秦東蜂岡町10

にあります。

電車の場合
嵐電嵐山本線太秦広隆寺駅より徒歩5分
JR嵯峨野線太秦駅より徒歩5分
京都地下鉄東西線太秦天神川駅より徒歩12分

車の場合
名神高速道路京都南ICより約15km

https://iko-yo.net/facilities/259

でアクセスできます。



引用元:東映太秦映画村|子供とお出かけ情報「行こーよ」


料金

料金は

3歳以上〜小学生 1100円
中高生      1300円
大人       2200円

となっています。


営業時間

9:00~17:00(3月~7月と9月の平日、10月、11月)
9:00~18:00(3月~9月の土・日・祝と8月)
9:30~16:30(12月~2月の平日)
9:30~17:00(12月~2月の土・日・祝)
※入村受付は営業終了60分前まで
※ゴールデンウィーク、お盆、年末年始は営業時間を延長します

https://iko-yo.net/facilities/259


【太秦映画村の公式サイトは→こちらから。】



東映太秦映画村が家族で1日中楽しめるスポットである3つの理由

それでは京都・東映太秦映画村は家族で1日中楽しめるスポットである理由を3つ紹介していきます。


1.リアルな江戸の街並みの雰囲気を味わえる

京都・東映太秦映画村に一歩足を踏み入れるとそこはもう江戸時代そのもの。


日常ではまず味わえない雰囲気を味わう事ができます。


子供達は初めて見るであろう街並みに、興味津々になる事間違いなし。

大人でさえも、その雰囲気に興奮するはずです。

そして想像以上に広いので、歩き回って散策してみる。といった楽しみ方もできるのも特徴。


街中には武士や馬がいたりして一緒の写真を撮ったりする事ができます。


2.忍者劇や戦隊ショーが充実

僕は今回、忍者ショーを見たのですがこれが意外にも楽しい。笑


プロジェクションマッピングを利用した演劇で、

普段はこういったショーは見る事がないので、とても新鮮でした。


結構観客と触れ合いが多く、よく観客席を役者さんが歩きます。

間近で見られるので結構面白かったです。笑


戦隊モノやプリキュアショーなどもやっているので、お子さんも楽しむ事ができます。


関連サイト:ショー|東映太秦映画村


3.お土産屋さんなどの屋内施設でも楽しめる

入り口付近の屋内施設には大きなお土産屋さんや、子供達が遊べるキッズスペース、映画グッズの展示などがあり、そこでも十分に楽しむ事ができます。


入り口はいいてすぐのところには、忍者がボルダリングをしていました。

どうやら新しいスポットの告知のようでした。



大人も子供も楽しめる場所

園内はその雰囲気や、イベントなどから大人も子供も楽しめる場所だなと強く感じました。


周りを見ても京都・東映太秦映画村は家族で来られている方も多くおられました。

乗馬の体験や、刀を使って遊んだりできるので、小さい子ども達はかなり楽しめると思いますよ。


京都・東映太秦映画村が家族で1日中楽しめるスポットである理由3つ

1.リアルな江戸の街並みの雰囲気を味わえる
2.忍者劇や戦隊ショーが充実
3.お土産屋さんなど屋内施設でも楽しめる

です。


まとめ

時代劇の街並みを歩っていくと、大勢の外国人観光客や、コスプレイヤーさんがおられました。

みんな自分たちの写真を撮っており、こうやって楽しむんだなと、教えてもらいました!笑

銀魂のコスプレが多かったですね!


最初は価格帯も高いかなと思いましたが、見て体験して楽しめるので、満足できるはずです。

レストランチャンバラというご飯屋もあり、食事もできて、園内も結構広いので、一日中楽しめる観光施設だと思います!


【太秦映画村の公式サイトは→こちらから。】


観光・グルメカテゴリの最新記事