通勤時間が短いことによって起こる3つのメリットについて説明します。

通勤時間が短いことによって起こる3つのメリットについて説明します。


こんにちは。tatsukiです。


突然ですが、あなたは通勤時間にどれくらいの時間をかけていますか?


通勤時間は1日で見るとそうでもない時間かもしれませんが、1週間、1年と見るとかなりの時間を占めます。

この時間を、有効に使うことができればどんなに自分の生活が豊かになるでしょうか?


今回は通勤時間が長めだ短くしたい、という方向けに

通勤時間が短い事によって起こるメリット


を挙げていこうと思います。


通勤時間を削るべき理由

通勤時間はパッと見そんなに大した時間には思えないように感じます。

ですが、そんなことはありません。


例えば、

通勤時間が片道30分だとします。
往復で使う時間は1時間。

週5で働いたとして、1週間で5時間消費します。

1ヶ月だと5×4週間で20時間

1年で20×12=240時間もの時間を通勤だけに使っていることになります。


これが半分の通勤時間15分になるだけで、年間120時間もの節約になるわけです。

そのういた120時間は、睡眠に使ってもよし。自己投資に使ってもよし。家族との時間に使ってもよし。


毎度の通勤時間を15分減らすだけで、あなたの時間がこんなにも増えるんです。

これだけの時間節約することができれば、もしかしたら人生変わる可能性だってあります。


”時間=命”です。


通勤時間の削減がいかに大切か伝わりましたか?



通勤時間が短いことで起きるメリット

それでは通勤時間が短くすることで起きるメリットを3つ紹介していきます。


1.別のことに時間を当てられる

通勤時間が減ることによってその時間を丸々、他のプライベートに使ったり仕事をすることができます。

その時間をブログでも良いし、勉強などの自己投資に使えば自分の人生がより豊かなものになっていくはず。

僕はお金よりも時間の方が価値あるものだと思っています。


2.通勤ストレスからの解放

通勤には少なからず、ストレスがかかります。通勤時間が長い場合は尚のことです。

電車にしろ、車にしろ、歩きにしろ通勤時間が短い方が楽です。

通勤時間が短いと、渋滞や満員電車にイライラさせられる事は劇的に減るからです。


通勤のストレスがなくなるだけでも、かなりのメリットじゃありませんか?


僕が会社勤めしていた時は、会社から車で7分のところに住んでいました。
渋滞にも引っかからないし、引っかかってもすぐ抜けられるので、イライラさせられることはほぼありませんでした。

その前は、会社から車で40分のところに住んでいたので、会社に行くのも帰るのも、だいぶストレスを感じていましたが。。


3.非常事態でもすぐ帰れる

家が近いと、何か用事があった際や非常事態であってもすぐ帰ってこれます。

忘れ物でも、大事な約束でも時間を気にする事が減ります。

思わぬ残業があったとしても問題ありません。


気軽に帰れるという事は、時間的にも精神的にもかなり楽です。


通勤時間を減らすためには?

通勤時間を減らすためには、

会社の近くに引っ越す方法が有効です。


これから就職する方や、お金に余裕がある方はオススメです。


そんな資金も時間もないという方は、

・最短ルートを見つけ出す
・よっぽど通勤時間が長ければ転職する

・読書などで有効活用

という方法があります。


通勤時間が短い方がいいというデータがあるくらいです。

イギリスで行われた最新の研究で、通勤時間が20分増えると給与が19%減少することと相当するほどに仕事の満足度が減ることがわかりました。

https://gigazine.net/news/20171031-daily-commute-damage


通勤時間が短くなることは仕事へのパフォーマンス向上につながります。



まとめ

通勤時間が短くなることで起きるメリットは

1.別のことに時間を当てられる
2.通勤ストレスからの解放
3.非常事態でもすぐ帰れる

の3つです。


通勤時間が長いことがダメだと言っているわけではありません。

隙間時間を有効活用できているのならば、そのままでも全然大丈夫です。

時間をうまく使うための第一歩として、通勤時間から見直してみると良いと思いますよ!


体験談カテゴリの最新記事