【夏場注意!】室内で起こる熱中症の予防と対処法

【夏場注意!】室内で起こる熱中症の予防と対処法

こんにちは。tatsukiです。


とうとうやってきましたね、この季節が。


セミの鳴き声、大きな入道雲、そしてあっつい気温。。泣


気温が高くなる夏は、体調管理にも気を付けなければいけません。


1番注意したいのが熱中症。


水分補給などを怠ることで誰しもが熱中症にかかる危険性があります。


そして熱中症は”室内にいても”かかる危険性があるんです。


僕自身、夏場で部屋にこもり切ってブログなどの作業をしていると、気分が悪くなる時があります。

室内で症状が軽く、「ちょっと休めば大丈夫。」と放っておくのではなく室内だからこそ適切な対処が必要です。


なので今回は、


”室内で起こる熱中症の予防と対処法”


についてお伝えしようと思います。


熱中症の原因と症状

熱中症の原因と症状を順に紹介していきます。

原因

熱中症の原因には環境によるものとカラダによるものの2つがあります。


環境による原因

・気温が高い
・湿度が高い
・風が弱い
・日差しが強い


カラダによる原因

・激しい運動などで体温が上昇
・疲れや寝不足で体調が良くない
・水分の不足


などが熱中症を引き起こす原因。

高温環境による体内水分の喪失、電解質バランスの崩れ、体温調節の不良によって引き起こされる、体の不調な状態のことを熱中症といいます。

暑さに体が慣れていない梅雨明け7月下旬~8月上旬に多くみられ、重度の症状になると命の危険をともないます。

https://takeda-kenko.jp/navi/navi.php?key=netyusho

つまり、環境とカラダの両方の原因が重なることで熱中症を引き起こし、命の危険を伴うことだってあるのです。


症状

熱中症になると以下のような症状が起こります。

・めまい
・立ちくらみ
・頭痛
・吐き気

症状が悪化すると、

・意識障害
・痙攣
・ひきつけ
・手足の運動障害

などが起こります。


熱中症への予防と対処法

それでは熱中症になった時の対策と対処法についてお伝えしていきます。

室内の熱中症への予防

室内の熱中症の原因として考えられるのは、

・気温が高い
・風が吹かない
・睡眠不足、体調不良
・水分不足

です。


これらを防ぐためには、

・エアコンなどを使って室内温度を調節
・部屋の風通しを良くする
・こまめに水分補給をする
・生活リズムを整える(睡眠時間の確保)

を行なって室内熱中症を予防しましょう!


もし熱中症になった時の対処法

もし室内で熱中症になった時の対処法をお伝えします。

それは、

・涼しい室内へ移動。もしくは涼しくする。
・ベルトは緩めたり、涼しい格好にして熱を発散させる
・氷などで首、両脇、足の付け根を冷やす
・水分を摂る(経口補水液やスポーツドリンクがオススメ!)

です!

気づかずに熱中症になっている事もよくあるので、特に水分補給には気を使いましょう!



熱中症は防げる

熱中症はしっかりとした予防と体調管理で未然に防ぐことができます。

7・8月は熱中症予防強化月間です
近年の酷暑を受けて、毎年7月に設定している「熱中症予防強化月間」を、昨年に引き続き今年も8月まで延長します。環境省では今年も、熱中症の予防法・対処法の普及啓発イベントを行います。

環境省熱中症予防サイト

とあるように、環境省でも呼びかけを行なっています。


正しい予防法と対処法を知っていれば、熱中症や重症化も防ぐこともできます。


暑いとわかっている季節なので、無理をせず楽しく暑い夏を乗り越えましょう。


最後に

室内だからこそ、熱中症を甘くみてはいけません。

体が暑さに慣れていない夏の初めはなおさらです。


そのためにも

・エアコンなどを使って室内温度を調節
・部屋の風通しを良くする
・こまめに水分補給をする
・生活リズムを整える(睡眠時間の確保)

を行なって予防をしていきましょう。


そしてもし熱中症の症状が見て取れたら

・エアコンなどを使って室内温度を調節
・部屋の風通しを良くする
・こまめに水分補給をする
・生活リズムを整える(睡眠時間の確保)

を行なってすぐに対処していきましょう!


熱中症は重度のものになると命の危険にも繋がります。

しっかりとした予防と対処をして、夏を安全に乗り越えましょう!!

未分類カテゴリの最新記事