聞き上手になる為に必要な事!

聞き上手になる為に必要な事!

こんにちは。tatsukiです。

皆さんは聞き上手になりたいと思ったことはありますか?

私生活や仕事においても聞き上手な事は非常に、役に立ちます。

今回は聞き上手になる為の方法を3つ書いていこうと思います。

1、あいずちは必須

聞き上手になるためにあいずちは必須です。

「なるほど」「わかるわ〜」などあいづちを打つことで、話し手は相手が聞いてくれている事をより認識してくれます。

あいずちをするだけでも、相手に親近感や聞いてくれているという安心感を持ってもらうことができます。

 

実際、僕も意識してあいずちをするようになってからは、友達や上司から「tatsuki君あいずち上手いから話しやすいわー!」と言われる事が増えました。

 

2、親身になって聴くこと

ただ単にあいずちをやっていれば良いほど、聞き上手への道は簡単ではありません。

やはり、会話において1番大事なのは相手に興味を持ち、親身になって話を聞く事だと思います。

 

気持ちというものは、相手にもしっかり伝わるものだと僕は思っています。

なので、聞き手がいかに話を聞きたい気持ちになっているかはとても重要なのです。

 

人間は好きな人や関心ごとの時、瞳(黒目)が大きくなるみたいです。

この瞳が大きいことは、相手に好印象を与える事が統計的に分かっているそうです。

「目は口ほどに物を言う」とよく言われます。普段から「この人の事が好きだ、興味がある!」と意識して、相手に好印象を持ってもらいましょう。

 

3、質問をする

質問をしましょう。多めにです。

質問をする事で、興味を持ってますよ!とより一層伝える事ができます。

 

またこちらも質問を考える事で相手の話を真剣に、深く聞き入る事ができます。

質問は相手に興味を持つことの第一歩であるし、相手に気持ちを伝え、こちらも真剣に考える。一石二鳥なんですね!!

 

まとめ

相手に興味を持つことって意外と難しかったりしますよね。

好きな異性やお客、上司などどうしても話を聞いて、距離を縮めたい場面が来ると思います。

1あいずち、2親身に聴く(相手に興味を持つ)、3質問する

是非この3つを意識してみてください。この記事が皆さんの役に立てば幸いです。

 

体験談カテゴリの最新記事