【初めて夜行バスを利用する方へ。】夜行バスで守るべきマナーをご紹介!!

【初めて夜行バスを利用する方へ。】夜行バスで守るべきマナーをご紹介!!


こんにちは。tatsukiです。

僕は鳥取県在住なのですが、最近よく用事のため東京に行きます。

そこで初めて夜行バスを利用しました。


夜行バスのメリットは、


”飛行機や新幹線に比べて格段に値段が安い。”


ということです。


鳥取からの場合だと、

・新幹線が約18000円
・飛行機が約30000円(早割なしの場合)


一方夜行バスはというと

・10000〜5000円


で乗ることができます。

予約時期によって差が出るものの、安い時で新幹線の3/1のお値段で乗ることができます。


めちゃくちゃ安いですよね。笑


しかし、そんなお手頃価格の夜行バスなのですが守るべきマナーというものが存在します。


そこで今回は実際に僕が夜行バスを何度か使ってみて感じた守るべきマナーをご紹介していこうと思います。


・夜行バスを使ってみようと検討中の方
・夜行バスのマナーについて知りたい方

はぜひとも読んでみてください。


夜行バスの守るべきマナー

飲食、リクライニング、荷物、スマホなど夜行バスに乗るにあたって守って欲しいマナーはいくつかあります。

なのでそれぞれのマナーについてご紹介していきます。


飲食のマナー

1.匂いの強い食べ物はNG

夜行バス内は基本ほかのお客さんと密着していますし、密閉空間になります。

ここで匂いの強い食べ物を食べると周りのお客さんの迷惑になります。


例えばマックのハンバーガーを食べようものなら迷惑します。。


2.アルコールはNG

アルコール類をバス内で飲むことはNGです。

匂いや寄った後の振る舞いなどで周りのお客さんに迷惑になります。


おそらく元から乗車のルールとして飲酒している方はNGと決めているバス会社がほとんどではないかと思われます。


3.音の出る食べ物も控えた方がいい

夜行バスは基本的に夜中の走行になるので、車内は寝ている方がほとんど。

そんなところでポテトチップスなどのバリバリ音が出るお菓子を食べようものなら、周りから白い目で見られること間違いなしでしょう。。


リクライニングのマナー

1.下げる時は一声かけて

座席のリクライニングは結構急角度になっていて、長時間バスに揺られていると気持ち悪くなりますよね。。


リクライニングを下げたい時には後ろの方に一声かけるようにしましょう。

かけないでいいという方もおられますが、一応かけておくに越したことはありません。


2.別の停留所から人が乗ってきた時は座席を戻す

ほかの停留所で乗ってきたお客さんが自分の座席の後ろの席に座ろうとした際にリクライニングを倒しっぱなしだと、迷惑にもなりまねませんし、怒られる可能性も出てきます。


実際僕の隣の席に座っていた若い子は、大阪から乗ってきた人に怒られていました。

気をつけましょう。


荷物のマナー

荷物は大きいスーツケースなどは、乗車前に座席下のトランクに入れます。

手荷物などは座席上部に仕舞まってしまいましょう。


スマホマナー

1.スマホ画面の明かりには要注意

夜行バスは基本夜中走行なので、車内の電気は消灯しています。

そんな中、スマホが明るいと隣にいる同乗客の方が眩しくて寝られません。

暇だからアプリやLINEなどをするのは分かります。

光度を下げたりして工夫しましょう。


バスによっては『スマホの電源は落としてください。』とアナウンスがあるので、夜行バス乗車時にはスマホの取り扱いにはご注意を。。


2.音楽を聴く時は音漏れに気をつけて

音楽を聴く際にはイヤホンから漏れる音に気をつけましょう。

小さな音漏れも、隣にいる人にとっては意外と聞こえてしまいます。


大丈夫と思っていても、一応音が漏れていないか確認だけでもすることを勧めます。


3.マナーモードもお忘れなく

僕も遭遇したことがあるのですが、真っ暗で静かな車内の中で突然大音量の着信メロディが流れていることがあります。

正直、びっくりします。。笑

自分も恥ずかしいし、周りにも迷惑になるのでマナーモードにしてから乗車しましょう。


時間は守ろう

バスの出発時間や、各休憩所での時間はしっかり守りましょう。

バスにはいろんなお客さんが乗ってきます。

時間には余裕を持って夜行バスを利用しましょう。


夜行バスの注意事項にも、『出発時刻の10分前には停留所にお越しください。』と記載があります。


夜行バスでオススメのグッズ

ここで夜行バスを利用する際のオススメグッズを紹介します。


1.アイマスク

アイマスクはオススメです。

たまーにですが、近くのお客さんが到着地に着くまでずーっとスマホをいじっていることがあります。

そんな時に大活躍するのがアイマスク。


バスに常備されていることもありますが、マイマスクを持っておいても損はないでしょう。



2.充電コード

ほとんどの夜行バスにはコンセントがついています。

長旅でスマホの充電がない!!という時でも充電コードさえあれば安心です。


ただしスマホ画面の明かりには気をつけてくださいね!



3.マスク

夜行バスは密閉空間になります。

空気が乾燥していることもあるので、風邪予防のためにもマスクを持っていくことをオススメします。



4.フットレスト

これ!

僕は初めて見たときびっくりしました。

こんなにいいグッズがあったなんて。


夜行バス社内では足を満足に伸ばせない、姿勢が定まらず気持ち悪い、なんてことがよくあります。

フットレストがあれば、快適な夜行バス旅ができるでしょう。


飛行機などでも使えますしね!


最後に

夜行バスは時間こそかかりますが、安くで長距離移動が可能です。

料金が抑えられるのは魅力的ですよね。


そんな夜行バスには様々な同乗客の方がおられるので、周りのことも考えマナーを守って利用しましょう。

長時間の乗車も快適になるようなグッズもあるので、夜行バスが快適に乗れるよう工夫してみるのもアリですね!


格安高速バスのご予約はこちら

格安でバスの予約が可能です。

夜行バスを利用しようと思っている方はこちらから検索、予約ができます。↓


体験談カテゴリの最新記事