ジム初心者必見!気をつけて!ジムでよく見かけるマナー違反5つ

ジム初心者必見!気をつけて!ジムでよく見かけるマナー違反5つ

こんにちは。tatsukiです。

この記事では僕がジムでよく見かけるマナー違反の例をご紹介していきます。

これからジムに通おうと思っている方や、これらのマナー違反に心当たりがある方は参考にしてもらえればなと思います。


僕自身、ジムに通い始めの頃は何がマナー違反かよくわからずに通っていました。

しかし、通い続けていくうちに見たり店員さんや先輩トレーニー方から、学んでいきました。

みんなで使うジムだからこそ、マナーを守って気持ちよくトレーニングに励みましょう!!

ジムのマナーを守るべきワケ

まずここでジムのマナーを守るべきワケについて書いていきますね。

1.ジムは自分だけの場所では無いから

ジムはみんなが使う場所です。

もちろん道具、器具は正しく丁寧に使わなければなりません。

周りの人のことも考えてジムを利用しましょう。

2.周りで鍛えている人のジャマになるから

ジムでのマナーを守らなければ、周りで鍛えている人の邪魔になってしまい兼ねません。

あなたもきっと他レーニング中にジャマされるときっとイヤなはず。。。

3.自分も気持ちよくトレーニングするために

マナーを守らずに周りから嫌な目で見られながらの筋トレなんて、とっっってもやりにくいはず。

自分自身が心置きなく気持ちよくトレーニングをするためにも、ジムのマナーは守りましょう。

周りへの気遣いができてこそのジムトレーニングです。

よく見かけるマナー違反5つ

それでは、ジムでよく見かけるマナー違反例を5つ紹介します。

1.器具の汗を拭かない

自分が使い終わった器具は備え付けのタオルなどで拭くようにしましょう。

大切なマナーの一つです。

2.大人数で来て喋り続ける

ジムに来て喋ることがいけないのではありません。

トレーニングをせずに器具を占領して喋りっぱなしなことが良くありません。

その器具を使いたい人や、会話が盛り上がって周りで鍛えている人の邪魔をしている可能性があります

筋トレ人口が増えるのはとてもいい事だと思います。ですが少しでもいいので意識して気を付けてみて下さい。

3.トレーニング真っ最中に声をかける

こちらはおじさんトレーニーにありがちです。

僕が体験したのは、まさに背中を鍛えている最中(この時はシーテッドローイング)に、『それじゃダメだな。』『重量が軽い。』などと話しかけてこられました。

もちろん正しい知識を教えてくださるのは、僕としてもありがたい事なのですが、話しかけるタイミングと、伝え方にも気を配ってほしいものです。。

4.器具上でのなが〜いスマホタイム

あなたが使っているその器具は、もしかすると誰かが使いたい器具かもしれません。

携帯をいつまでもいじる暇があるのなら、もっとトレーニングに集中しましょう。

せっかく時間を割いてジムに来ているのですから。

5.器具を粗末に扱う

ジムで鍛えている方の中には、ダンベルや重りを投げるかのごとく扱う方がいます。

そのダンベルは皆が使うものです。大切に扱いましょう。

そして、結構うるさいのでできればそ〜っと床に置いて欲しいです。。
切実に。

譲り合いの精神を大切に

なんども言いますが、ジムは一人のものではありません。みんなが使う場所です。

会費を払っているから、これが俺のやり方だ、他人には関係ない、などと考えるのではなく自分も含め周りも気持ちよく使うためにも、ジムマナーは守りましょう。

そうすればより自分の筋トレにも励めるはずです!!

まとめ

いかがでしたでしょうか??

1.器具の汗を拭かない
2.大人数で来て喋り続ける
3.トレーニング真っ最中に声をかける
4.器具上でのなが〜いスマホタイム
5.器具を粗末に扱う

これら5つは僕の実体験も含めた、代表的なマナー違反です。

マッチョたるもの周りを気づかう優しさを大切にしましょう。

スポーツカテゴリの最新記事