【最高のマウス】BUFFALO プレミアムフィット Bluetooth silentマウスがとても良かったので紹介します。

【最高のマウス】BUFFALO プレミアムフィット Bluetooth silentマウスがとても良かったので紹介します。

こんにちは。tatsukiです。


最近ぼくはマウスを探していました。

なぜなら長い間PCでの作業をしていると、トラックパッドだけではかなり疲れを感じていたからです。


マウスについて色々調べていると、充電式のものやUSBサーバーで接続するもの、ゲーミング用にボタンがいくつもついているようなマウス、、、

などなどたくさんの種類があることがわかりました。


そこで見つけたのがこちら!

BUFFALO プレミアムフィット Bluetooth silentマウス


このマウスが買ってみて非常に使いやすかったので紹介していこうと思います。

もちろん使ってみて良くなかった点も発見したので、そちらも詳しく説明します。


見た目がカッコいい

買った時のパッケージはこちら。

金色のパッケージに目が止まり購入。


それと同時に僕は単純な性格であることが発覚。。泣


梱包物は全部でこちら。


・マウス本体
・説明書
・単三電池

が同封されていました。


開けて、色々さわってみて気づいたのは

見た目がカッコいい!

ということ。


ブラックでマットな質感。手にフィットするように考えられた曲線的な形。造形美。などなど。


MacBookの横に置いているだけでカッコいい。


結構様になります。

何だか仕事ができる人みたい。。笑


ここまで見た目がカッコいいと、マウスを使ってPCを操作するのが待ち遠しくなります。

目の前に置かれると、思わず握ってしまいます。笑


使ってみて思うこと

このマウスはBluetooth接続なので、USBレシーバーはありません。

最近のMacBookにはタイプCの端子しか受け付けないので、Bluetooth接続は非常に便利です。

PC周りがすっきりします。


僕はMacBookでの使用なのでBluetoothの接続方法は、

1.設定画面→Bluetoothを開く


2.マウス裏の電源スイッチをON

3.上部にある丸いボタンを押す。


これで接続完了です。


接続は非常に簡単で、あっという間に完了しました。

これなら機械音痴の僕でも簡単に接続が可能です。


操作性

操作性は僕個人の感想としては”良い”です。


しかし接地面が透明な机の上だと、ちょっと反応が悪いかなと感じることがあります。

ですが、普通に机の上で使う分には何の問題もありませんでした。


マウス自体の形もものすごく手にフィットしているので満足しています。

親指を置く位置がちょうどいい深さに窪んでいて、持ちやすい構造になっています。


僕は持ち歩くことも考えて、Sサイズを購入しましたがデスクトップ専用で使う方は自身の手のサイズに合わせてM、Lサイズの購入を勧めます。


めちゃくちゃ静か

僕が今まで使ったことのあるマウスは、クリック時にカチッと小気味の良い音がするマウスばかり。

僕自身、その音が好きではあったのですが今回は実験的な意味も込めて静音マウスにしてみました。


するとこのマウス。

めちゃくちゃに静か!!


無音そのものでした。

たまに静かなカフェとかで作業するときは、こういったマウスの方が良いですね。

周りも自分も気兼ねなくクリックすることができます。

もうクリックし放題です。


3つの便利機能

続いて機能面の良いところを3つ紹介します。

何とこのBUFFALO プレミアムフィット Bluetooth silentマウス


スクロールは縦だけではありません。

1.左右にもスクロールが可能。

なのです。


そしてその下にある”DPI”と書かれたボタン。

2.これは矢印のカーソルするスピードが調節できます。


押してみると赤い光が

・1回点滅で遅く(1000dpi)
・2回点滅で速く(1600dpi)

なります。


まだあります。


この親指下にある2つのボタン。

3.ここでページの進む、戻るが操作可能。


最近のマウスってここまで便利になったの?!

と驚きです。


1.左右にもスクロールが可能

2.矢印のカーソルするスピードが調節できる

3.ページの進む、戻るが操作可能

以上の3つが非常に便利な機能になります。


一方で良くなかった点も

使っていくうちに良くなかった点も発見しました。

それは

・MacBookに対応していない機能がある
・乾電池式

の二つ。

それぞれ詳しく説明していきます。


MacBookに対応していない機能がある

先で紹介した

・横スクロール機能
・進む、戻るボタン

何とこの二つはMacBookでは対応していません。


僕自身始めはどこか設定する必要があるのかなと、色々調べていくうちに発覚。。泣


せっかくの機能なのにMacBookを前にしてはただのボタンになり下がります。。泣


【追記】:横スクロールボタンは使用が確認できました。
僕が使っているFX分析ソフトでも使えました。チャート画面では非常に使いやすいと感じています。


乾電池式

このBUFFALO プレミアムフィット Bluetooth silentマウスは”乾電池式”です。

つまり、電池がないと動きません。

海外に行ったときや、出張先で電池がない!!という事態にもなりかねません。。


これはマイナスポイント。


まあ僕の場合、分かってて買ったのである程度は許せますが、使う人によっては”乾電池式”というだけで選択肢から外れるでしょう。


最後に

MacBookでは対応していない機能もありましたが、使いやすさや性能は十分です。

僕の手にはしっかりフィットしているので当分はこのマウスでいこうと思います。


そんなに充電式でBluetooth接続のマウスがいいなら、「AppleのBluetoothマウスがあるじゃん!」という意見があるかと思います。

お店に行って実際に持ってみたのですが、Appleの純正マウスは平べったくてとても使いにくかったんです、、。

全面タッチ式で便利なのは良く分かったのですが、手に合わないというか何というか、、。

カッコいいんですけどね!


今後、充電式Bluetooth型マウスでより良いものが出ればまた購入しようかなと思います。

そのときはまたレビューしようと思います。

ではまた!


ガジェット系カテゴリの最新記事