トラックディーラー営業マンだった僕の給料教えます。

トラックディーラー営業マンだった僕の給料教えます。

こんにちは。tatsukiです。

 

僕は前職でトラックディーラーの営業職をやっていました。

今回は、思い切ってその時もらっていた給料額について書いていこうと思います。

ちなみにですが、僕は大卒です。

 

大卒2年目の手取り額

もう初めに結論を言ってしまいますね!

僕が貰っていた額は、、、

 

ででんっ!!

 

20〜40万!!

 

 

ん〜。。ざっくりだなぁ〜。。

 

と思ったそこのあなた!!

 

これには理由があります。

もちろんこれは手取り額ですよ。

 

なぜこんなに貰い幅が大きいかというと、インセンティブ制度の割合が大きかったからです!!

一応説明しておきます!

インセンティブとは売った額だけ給料に上乗せしてくれるありがた〜い制度のことです。

 

このありがた~い制度のおかげで僕は、新卒でありながら手取りで40万もの額をもらう事ができたのです。

 

 

内訳を説明していきますね!

基本給が20万程。

そこにインセンティブ制度による営業手当がさらに20万弱付きます。

 

もちろん売れば売るだけ額はさらに上がります。もっと稼ぐ先輩もいましたから。

インセンティブが付かない時は、だいたい20万ちょっとと言ったところです。

 

毎回40万貰える訳ではないので平均して、手取り30万無いくらいかなと思います。

 

正直、大卒で地方住みでこれだけ貰えれば、満足だと思います。

実際僕は満足しちゃってました。

 

結局辞めてしまったのですが、きっかけや当時の心境はこちらに記事に書いてあるのでよければ読んでみて下さい。

自分で言うのもなんですが、結構病んでます。笑↓

〜会社を辞めるにあたって思う事・向き合う事〜

 

 

トラックディーラー営業の仕事内容

トラックの営業は普通車ディーラーの営業とは少し違います。

 

 

ざっくり言うと、、

 

・普通車ディーラーの場合は、お客さんが店舗に来て車を見ると思います。

そして対象は一般人の方が多いです。

 

・トラックディーラーの場合は、写真や情報資料をお客さんに持っていきます。

対象は運送会社などの企業の社長になります。

 

 

なのでトラックディーラーの営業は飛び込みで営業したり、運送会社の社長さんと会って商談をする。

と言う形になります。

 

商談がうまくいって、受注をもらい数字を挙げる事が出来ればとりあえずの目標は達成です。

あとは、納車までの架装や塗装登録を仕上げていきます。

 

具体的に言うと、自家用(白プレート)であれば車庫証明とか出したり、塗装屋さんなどと連絡を取り合って日程の調整を組んだりします。

 

これが、混んでたりするので意外とスムーズにいかなかったりするんです。泣

特に新人営業マンの場合、後回しにされることもあるので、、泣

 

まあここが営業としての腕の見せ所です。

 

そして納車までをして、一案件完了といった流れになります。

 

インセンティブの評価基準は、台数や、粗利金額で判断するといった形ですね!

 

 

あとトラックディーラーにかかわらず、営業として必要だと思う事も記事としてまとめてます。

もしよかったら読んでみてください。↓

営業職に必要なスキル5選!トラックディーラーの営業職をやってみて経験した事。

 

 

まとめ

僕の会社の場合、頑張れば頑張った分だけお金で評価されるので、分かりやすくて結構好きでした。笑

残業代でいくら稼いだって、ちょっとカッコ悪いと思っちゃうんです。(偏見)

 

なので、そういった自身の実力を発揮して、お金を稼ぎたい又は営業がやりたい!

という方には、ぜひオススメの職業だと思います。

 

あと、お客さんは大抵社長さんになるので、仲良くなれば美味しいご飯屋さんや飲みに連れて行ってくれたりするので、そういうのが好きな方にもオススメです。

トラックディーラーは結構刺激的な職業ですよ。

経験記・思考カテゴリの最新記事