鳥取砂丘の漂着ゴミの展示会が開かれています。

NO IMAGE

こんにちは。tatsukiです。

 

鳥取県には全国的にも有名な、鳥取砂丘があります。

そこには意外とたくさんの漂着ゴミがあるんです。

 

鳥取市では今現在、鳥取砂丘に流れ着いた漂着ゴミの展示会が開かれています!

今回は鳥取砂丘の漂流ゴミ展示会について書いていこうと思います。

 

 

漂着ごみは全国的な問題

漂着ごみは日本で全国的に問題となっています。

調べたところ漂着ごみにより、海洋生物の生育を阻害したり生き物に漁師網が絡まりそれによる死の危険ゴミが分解されず残り続けて環境汚染につながるなど、被害は深刻です。

 

経済的なところでも、ゴミ回収の費用負担、景観悪化による観光地の利益減収など多方面にわたり問題となっています。

 

鳥取砂丘にもハングル文字で書かれたペットボトル、浮き輪、サンダル、漁師網などたくさんのゴミが流れ着きます。

僕が実際鳥取砂丘で見たゴミは、大量の浮きとハングル文字で記載のあるヘルメットが流れ着いていました。

 

 

漂着ごみの展示

この展示会は鳥取砂丘に流れ着いた漂着ゴミが展示してあります。

 

漂着ゴミの中には鳥取の河川で捨てられて、海まで流れ着くものもあります。

そんな河川で捨てられたゴミが生態系への影響を及ぼす事を説明したパネルの設置など、様々な工夫がなされています。

 

鳥取砂丘だけでなく、全国的な問題となっている漂着ゴミの理解を深めてもらうためにもぜひ行って見て欲しいと思います。

 

 

場所

場所は鳥取砂丘ビジターセンター(鳥取市福部町湯山2164−971)で開かれています。

鳥取砂丘駐車場内にあるので、鳥取砂丘に来た際にすぐ立ち寄れる場所にあります。

期間は4/21までとなっています。

 

 

まとめ

僕はこの漂着ゴミ展示会のことを、地元のニュース番組(鳥取)を見て知りました。

僕自身、鳥取砂丘は今まで行ったことのある観光地の中で、1番大好きなスポットです。

今後のより良い鳥取砂丘になるよう、僕に出来る事があればぜひ協力して行こうと思います。

 

期間が限られてはいますが、漂着ゴミによる被害がどんなものか、何が流れ着いているのかをこの展示会を見て知ってもらいたいです。

 

未分類カテゴリの最新記事