物持ちが良いことの利点とは?

物持ちが良いことの利点とは?

こんにちは。tatsukiです。

 

皆さんは私物の物持ちは良いですか?

今回は物持ちが良い事の利点を書いていこうと思います。

僕の父親は同じスマートホンを8年間も使っていました。

理由を聞くと、「電話もできるし、LINEもできる。十分じゃないか。」とのことでした。

 

確かにごもっともな理由です。

僕はまだ使える携帯を、2年経ったからとか、新しいのが欲しいからなどの理由で変えてきました。

父の一言で、この僕の考えは僕の人生において変えるべき事ではないかと思い始めました。

 

使えるまで使う事で、経済的にも心にも余裕が生まれる

例として携帯の話を出しましたが、服や靴などもそうです。使えない理由がない限り、使い続ければ良いのです。

僕はこれらの事から、節約にも繋がるし、必要なものだけで生活できるんだ。という安心感が生まれました。

そして、ものに愛着が湧いてより一層大切に扱うようにもなりました。

 

先のことを考えて物を買うようになる

購入する前にはメチャクチャ考えるように意識しました。

別に今に今必要じゃないし、代用が効くというものはなるべく買わないようにしたのです。

 

長く使っていくために、より良いものを、この先役立つであろうものを買うようになりました。

先のことを考えて物を買うことで、良いもの、悪いもの(要らない物)の見分けがつくようになりました。

 

まとめ

物欲は留まることを知りません。そこを抑制し物持ちをよくする事で、

・節約効果

・精神的余裕

・先を見る目

・良い、悪いを判別する目

が養われます。

物欲がダメだと言っているわけではありませんが、物持ちをよくする事でのメリットも大きいと僕は感じています。

経験記・思考カテゴリの最新記事